excitemusic

日本や外国の浮き玉をさぐります。タイトルのBeachcombing for Japanese Glass Floatsは、ウッドさんの著書名から拝借しました。
by beachcombers
ICELANDia
検索
カテゴリ
LINK
お気に入りブログ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


与那国島の浮き玉

 日本の最西端に位置するのは、ご存知、与那国島です。この島は緯度がほとんど台湾と同じ。そんな島に住んでみえるユキさんから送られた浮き玉の写真を紹介します。

 どれも珍品ぞろいです。わたしもユキさんに見せてもらうまでは、知らなかったモノもあります。



TORPEDO
d0059745_1853163.jpg

 アメリカでは、torpedo(魚雷)と呼ばれているもので、両端の先端が尖ったように見えるので、こんな名前がつけられたのでしょう。外周から先端にかけてのアールが続き、きれいな形をしています。そのためシールボタンも同様に尖った感じになっています。
 シリンダー/ローリングピンに分類されるこの浮きですが、外周にアールのあることから、東北型に分類されます。


MINI JUMBO
d0059745_18535554.jpg

 アメリカでは、ミニ・ジャンボ・ローラーと呼ばれています。名前の由来は、枕ほどもあり、「枕玉」とも呼ばれるジャンボ・ローラーを小型にしたものだからです。
 形態は、ほぼシリンダー状をしています。これもシリンダー/ローリングピンに分類され、外周が直線であることから、北海道型に分類されます。




BELL
d0059745_18541148.jpg

 主にアメリカで発行されている浮き玉の文献、インターネットの浮き玉サイトの多くをチェックしていますが、このベル型は載っていません。
 これはユキさんの友人が西表島で拾われたものですが、ユキさんも過去に1個だけこのベル型を拾われたことがあるようです。ただ、その浮きは、段ボール箱の中にしまいこまれ、冬眠中とのことです。

 ここに掲載した3点の浮き玉写真は、ユキさんに提供していただきました。いつもどうもありがとう〜♡
 
 最後になりましたが、ユキさんは「ユキさんち」と言うカレー屋さんをやってみえる、とってもかわいい女性です。
[PR]
by beachcombers | 2005-06-02 21:11 | 浮き玉の種類
<< 歩く! 琴引き浜の浮き玉展示・その2 >>