excitemusic

日本や外国の浮き玉をさぐります。タイトルのBeachcombing for Japanese Glass Floatsは、ウッドさんの著書名から拝借しました。
by beachcombers
ICELANDia
検索
カテゴリ
LINK
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


韓国の浮き玉

 ハングルの陽刻が、シールボタン部分にあれば、それは韓国の浮き玉だとすぐに分かりますが、そうではない場合、ちょっと迷ってしまいますね。
 太平洋側での韓国の浮き玉漂着例は少ないのですが、プラスチックの韓国製浮き玉は漂着していますので、やはり注意が必要です。

 韓国製浮き玉の、分かりやすい主な特徴をあげてみます。

・直径はおよそ7.5cmと6cmとが圧倒的に多い。
・形が球にならず、歪(いびつ)なものが多い。
・緑色が多い。
・ハングルの陽刻が一部には見られる。

 さて、以上の点に注意してみたら、次の浮き玉(直径7.5cmほど)の中で韓国製を探してみてください。



d0059745_17153130.jpg




 はい、6個の浮き玉のうち、韓国製でないのは、下段右の浮き玉だけです。それだけは日本製のものです。
 6個の中で。上段右と下段左は、けっこう歪に見えますが、まだまだ甘い・・・もっと変形したものがあります。
 

 浮き玉の中に見える暗いリングは、撮影用に使った固定用の台です。


 さてさて、今度は、もう少し難しいよ。
 次の浮き玉は、いかが??

d0059745_17154529.jpg



 はい、やはりこれも左が韓国製、右が日本製です。

 色の変化もありますが、ガラスをよく見てください。
 左の韓国製も、形はきれいな球をしています。
 けれども、底の方にガラスが溜まって分厚くなり、全体が重いのです。そしてガラスの厚みが均一でありません。そのために持ってみると、手の平の一部分に重さを感じます。

 それにひきかえ、右の日本製は厚みが均一で、持ってみると手の平全体に重さを感じます。この感じが韓国製には少ないのです。

 ちょっと分かりにくいかも知れませんが、お持ちのガラス玉で試してみてください。
[PR]
by beachcombers | 2005-06-06 17:47 | 浮き玉の種類
<< TY・仙 川口 >>