excitemusic

日本や外国の浮き玉をさぐります。タイトルのBeachcombing for Japanese Glass Floatsは、ウッドさんの著書名から拝借しました。
by beachcombers
ICELANDia
検索
カテゴリ
LINK
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最初に手に入れた浮き玉

 ガラス瓶の事は忘れてしまい数年経ち、芸大に通っていた私に,ウッドさんのBeachcombing for Japanese Glass Floatsとの最初の出会いがありました。

 このことは前にも書きましたが、本を入手したものの、初心者の私が知多半島の浜で探しても浮き玉は見つかりませんでした。

 そんなときに、友人のKくんが家にあったと持ってきてくれたのがこれです。


d0059745_18322677.jpg


 なんでも彼の実家は、三重の白子で昔、漁師をやっていたとかで、納屋に転がっていた浮き玉を持ってきてくれたのでした。

 さて、この浮き玉は直径15cm、シールボタンには、ご覧の通り、放射状になった線の模様が刻まれています。気泡も多く味わい深い最初の一個です。
[PR]
by beachcombers | 2005-06-11 08:46 | 浮き玉エッセイ
<< シリンダーまたはローリングピン なぜ浮き玉? >>