excitemusic

日本や外国の浮き玉をさぐります。タイトルのBeachcombing for Japanese Glass Floatsは、ウッドさんの著書名から拝借しました。
by beachcombers
ICELANDia
検索
カテゴリ
LINK
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

歩く!

 冬の北陸は一日のうちで何度も天気が変る。晴れたかと思えば、みぞれが降り出し、また陽が射す。でも、しばらく後には真っ暗な空になって・・・といった感じだ。

 そんな天気で、北西の季節風が強くても、浮き玉が寄ってくる季節なので、欲につられて、寒い浜を数キロも歩いてしまう。

 暖かい季節なら、浜を散歩する人もいて、満潮線にそった足跡が延々とつづく。だれもが、ビーチコーマーでは無いのに、「俺より先に歩いたヤツがいるのでは・・・」と思ってしまう。

 でも、季節風の吹き荒れる厳冬期には、足跡はまず無い。人影も少なく、番小屋の外壁を覆った羽目板が、風と一緒に刻むリズムを叩くぐらいだ。

 この日は、雄島の東にある砂浜わきに車を停め、石川県境まで歩いた。
 歩き始めたのは14時、日没までそんなに時間が無い。

 満潮線に沿って、東に歩く。フードを被ると、北西の風も何とかしのげる。それでもやっぱり寒い。漂着物に目を凝らしながら歩くと、ついつい歩みが遅くなる。そうなると、余計に寒い。仕方ないので早足になって体を暖める。

 10mほど先に、緑色の輝く物体!
 浮き玉かと、走りよったら、jinroの瓶底を正面から見ていた。

 こんなことは、よくあることさと、気をとり直して歩く。

 波打ち際に、こんどは本物の浮き玉。
 拾い上げて太陽にかざす。
 冬の空が、緑暗色に染まる。海も緑藍色に染まる。

 どんな時も最初の一個が大事だ。
 これで気分が落ち着く。
 浮き玉しか見えなかった目に、浜のメノウまで見えてくる。

 もう、半分以上歩いた。
 拾った浮き玉を堤防の上に並べ、カメラを向ける。
 雲の多い空に日の射す、夕暮れ間近な海が好きだ。

d0059745_23441168.jpg



 荷物も重くなったが、欲につられて、どんどん歩く。
 でも、帰りの道のりが心配になる。
 いざとなれば、携帯でタクシー呼べばいいか。

 そんな時に限って、浮き玉は見当たらない。
 さっきより雲が重くなり、暗くなってきた。
 それにお腹も空いてきた。

 向うから、クーラーバッグと竿をさげた人影が近づいてくる。
 助かった!天の助け!!

 魚とタバコの臭いのする軽トラだが、「ほや〜、ほやって」と、相づちを打つ福井弁が、妙に耳に優しかった。
 
[PR]
by beachcombers | 2005-06-03 23:40 | 浮き玉エッセイ

与那国島の浮き玉

 日本の最西端に位置するのは、ご存知、与那国島です。この島は緯度がほとんど台湾と同じ。そんな島に住んでみえるユキさんから送られた浮き玉の写真を紹介します。

 どれも珍品ぞろいです。わたしもユキさんに見せてもらうまでは、知らなかったモノもあります。



TORPEDO
d0059745_1853163.jpg

 アメリカでは、torpedo(魚雷)と呼ばれているもので、両端の先端が尖ったように見えるので、こんな名前がつけられたのでしょう。外周から先端にかけてのアールが続き、きれいな形をしています。そのためシールボタンも同様に尖った感じになっています。
 シリンダー/ローリングピンに分類されるこの浮きですが、外周にアールのあることから、東北型に分類されます。


MINI JUMBO
d0059745_18535554.jpg

 アメリカでは、ミニ・ジャンボ・ローラーと呼ばれています。名前の由来は、枕ほどもあり、「枕玉」とも呼ばれるジャンボ・ローラーを小型にしたものだからです。
 形態は、ほぼシリンダー状をしています。これもシリンダー/ローリングピンに分類され、外周が直線であることから、北海道型に分類されます。




BELL
d0059745_18541148.jpg

 主にアメリカで発行されている浮き玉の文献、インターネットの浮き玉サイトの多くをチェックしていますが、このベル型は載っていません。
 これはユキさんの友人が西表島で拾われたものですが、ユキさんも過去に1個だけこのベル型を拾われたことがあるようです。ただ、その浮きは、段ボール箱の中にしまいこまれ、冬眠中とのことです。

 ここに掲載した3点の浮き玉写真は、ユキさんに提供していただきました。いつもどうもありがとう〜♡
 
 最後になりましたが、ユキさんは「ユキさんち」と言うカレー屋さんをやってみえる、とってもかわいい女性です。
[PR]
by beachcombers | 2005-06-02 21:11 | 浮き玉の種類

琴引き浜の浮き玉展示・その2

 丹後半島の琴引き浜は、鳴き砂で有名で、タバコの灰が混じると砂が鳴かなくなるために禁煙ビーチとしても有名です。
 
 琴引き浜にほど近い国道沿いに、鳴き砂文化館があります。ここでは鳴き砂の仕組みをはじめ、全国の鳴き砂展示もあります。でも、ここの特色の一つに、漂着物の常時展示があります。水族館などで、漂着物がイベントとして取り上げられることはあっても、常時展示は難しく、これはひとえに琴引き浜で漂着物調査を続けてきた、東山高校の地学部の皆さん、地元で鳴き砂保護を続けてきた皆さんのおかげでしょう。

d0059745_22535073.jpg


 さて、ここでもガラスの浮き玉がいくつか展示されていますが、特筆すべきは、この浮き玉の破片展示でしょう。
 きれいな浮き玉はともかく、破片はゴミとして見られやすいのですが、下からの透過照明で、浮き玉片の美しさを引き出しています。

 ここに展示されているのは、浮き玉の破片で、ほとんどがシールボタン部分です。この部分が一番分厚くて、割れた後も残りやすく、浜の砂利に磨かれても、浮き玉の特徴が残りやすいものです。

 琴引き浜では、浮き玉の破片が多く、その理由はきれいな砂浜が続く中で、太鼓浜のような岩場が点在しているためでしょう。砂浜に漂着すれば、そのまま打ち上げられますが、岩場の場合、砕け散る事も多いのです。
[PR]
by beachcombers | 2005-06-02 18:20 | 浮き玉の展示

琴引き浜の浮き玉展示

d0059745_17584821.jpg
 京都の丹後半島にある琴引き浜では、東山高校の地学部の生徒さんたちが、安松先生の指導のもと、漂着物調査を行っています。
 彼らは毎回、漂着物学会総会では発表をしてくれています。

 琴引き浜の漂着物の展示は、鳴き砂文化館で、行われていますが、初夏の「はだしのコンサート」といったイベントがあるときは、太鼓浜を上がった所にある掛津区の「琴引浜研修センター」で、特別な展示を見ることができます。

 さて、ここでは東山高校の皆さんが集められた浮き玉が、分かりやすく展示してあります。越前海岸と同様に、韓国の浮き玉漂着が多いのです。こうした展示の傾向を見ると、近年の漂着状況が分かってきます。

 例えば、色でみても、緑は普通で、透明は少ない、アンバー系は希・・・と越前海岸と一緒なのです。

 左下には、真っ黒な浮き玉がありますが、これも近年日本海側に漂着例を見るもので、太陽を透かしても見えないほど黒いものです。

 その奥にある大玉も真っ黒に見えますが、これは北洋ガラスの製品で緑色です。

 壁にかけてあるシリンダーは、これ一つしか漂着例がないようです。
[PR]
by beachcombers | 2005-06-01 18:06 | 浮き玉の展示