excitemusic

日本や外国の浮き玉をさぐります。タイトルのBeachcombing for Japanese Glass Floatsは、ウッドさんの著書名から拝借しました。
by beachcombers
ICELANDia
検索
カテゴリ
LINK
お気に入りブログ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヤフオク

 最近、ヤフーのオークションにジャンボローラーと言われる40センチ近い浮き玉が出ている。
 わたしが知っているだけでも3本出た。
 出品者は北海道の方。
 浮き玉に詳しく、値段もべらぼうではない。
 ちなみにオークションの開始価格は15000円だった。
d0059745_13334843.jpg

 そのうちの一本はおよそ6万の値段で落札された。
 やはり、需要と供給の問題だろう。

 ちなみにわたしは買いませんよ。
[PR]
# by beachcombers | 2009-03-23 13:35 | 珍しい浮き玉

北海道大漂着物展

 この2008年夏、様似町では大規模な漂着物展が開かれました。
d0059745_2118617.jpg

 大玉にサンドブラストされた、看板娘ならぬ、看板玉!!

 さてさて、珍しい玉が目白押しですよ。
d0059745_211936100.jpg

 シリンダー系でも、なかなかお目にかかれない玉がぞろぞろ。


d0059745_21195373.jpg

 浮き玉の中央に網がけできるように凹みを入れたグルーブド


d0059745_2120125.jpg

 二つの玉を合体させたバイナリー

 ふだんでは、なかなか見ることのできないレア玉をじっくり見させてもらってきました。
[PR]
# by beachcombers | 2008-10-07 21:23 | 浮き玉の展示

浅原硝子の新作!

 北海道はちょうど今、花の季節!
 桜はそろそろ終わったのでしょうが、小梨やら、さまざまな花が咲いているでしょう。

 さて、昨年から活動を再開した小樽の浅原硝子、宰さんは新しいことにチャレンジされています。浮き玉に使う原料のカレットは、リサイクルグラスを昔から使っていることもあって、エコなイヴェントにも参加されています。

 17日は、Earthday EZO 2008 in 大通り公園、18日は浅原硝子でのガレージさセールがおこなわれました。

 そうしたイヴェントで販売された新作の浮き玉を、十勝の「のら」さんが取材して写真を送っていただけましたので紹介します。

 まずは飾り玉ともいえる「桜玉」です。浮き玉の中に花びらが散ったようなイメージですね。そして下の二つは同じものですが、こっちは風になびく桜の木をイメージさせますね。
 春の花の時季に飾りたい浮き玉です。
d0059745_9312649.jpg

d0059745_9315338.jpgd0059745_9321488.jpg


 さて、お次は実用的なタコ化け縄漁に使う玉。カラフルな浮き玉は昔、北洋硝子でも作っていましたが、宰さんの作られた玉は「ラスター玉」。虹色に輝く玉で、これにミズダコがおびき寄せられるようです。コレが海中でどのように輝くのか、見てみたいものですね。
d0059745_939798.jpgd0059745_9392297.jpg

 ガラスの浮き玉が実際に漁で使われるのは、プラスチック製品の普及で少なくなってしまいました。けれども自然に還らず、環境に負荷を残すプラスチック製品と違い、ガラスの浮き玉は使えなくなってからも環境に与える負荷がほとんどありません。
 そんな意味でもわたしは再開した浅原硝子を応援しています。
[PR]
# by beachcombers | 2008-05-20 09:45 | 浅原硝子

Double ball ・ダブルボール

 浮き玉を集めていると、稀に出会えるのが、このダブルボール。
 球形の浮き玉の中に、もう一つ小さなガラス玉ができるもの。
 この浮き玉の直径は115ミリで、中にできた小さな玉は25ミリ。
d0059745_18522626.jpg



 ダブルボールの特徴として、二重になったヘソがある。
 こうした中にもう一つ玉ができるのには理由がある。
 浮き玉を吹き、別のガラスでシールをするのだが、吹いた玉がちょうど冷えかけたタイミングで、柔らかめのガラスでシールをした時に、最初に吹いた玉が冷えてくると中が減圧状態になって、柔らかいシールのガラスを吸引することになり、中にも小さなガラス玉ができる。
 このまま出荷される物もあるのだろうが、吹いた人が気づけば確認のためもう一度シールをするので、ヘソが二重になる。
d0059745_18525225.jpg

[PR]
# by beachcombers | 2008-03-25 19:06 | 珍しい浮き玉

ニューカマー

 先日手に入れた浮き玉がコレ!
 直径90ミリのガラス玉。
d0059745_22365449.jpg
 一見すると、ヘソがコバルトブルーのきれいな玉!
そして全体に淡いコバルトブルーの渦巻きが・・・。

d0059745_22385042.jpg
 ところがヘソを透かして見たら、透明なんですよ。
 この浮き玉、ヘソに近い部分が濃いコバルトブルーになっていて、それに透明なヘソ(シール)をつけたものだったのです。
 
d0059745_22413541.jpg
 そして、ヘソには「2」の陽刻がありました。

 透明玉にコバルトのシールはありますが、こんなのは初めてで、うれしかったよ~!!
[PR]
# by beachcombers | 2008-03-14 22:45 | My Collection